Posts Tagged ‘医療’

再生医療の最先端アメリカ

火曜日, 3月 30th, 2010


今回はサーバーとは全く関係のないトピックです。

自分の幹細胞を利用して臓器を再生する技術が米国では進んでいます。幹細胞というのは細胞分裂の初期段階のもので、あらゆる組織になることができる万能細胞です。

この幹細胞を若い元気なうちに採取して保存し、年をとって病気になり臓器移植等が必要になった時に、あらかじめ自分の細胞からスペアの臓器を作成しておき、取り替えるといったまるでPCパーツ交換のようなSF物語ですが、今や複数の病院が真剣にこの再生医療に取り組んでいます。

米国では10年以内には自分の幹細胞で作成した臓器移植が一般化すると考えられています。また難病を抱えた子供のために同じ免疫構造を持つ子供を人工授精で作ってDNAのパターンを一致させ、骨髄移植等で血液の病気を治療した例もあります。こうした子供は救世主兄弟と言われています。免疫構造が完全に一致するため、将来兄弟の1人から臓器移植を迫られる可能性はありますが、個人が自己責任で幸せの価値観も定義できる米国での世論は肯定的です。

一部に神への冒涜だという意見もありますが、自分の家族にそうした災難が降りかかった時にも、本当にそう言いきってただ死を見つめることができるかどうか、その人には問いたいと思います。

元々医療行為自体が自然に反した神への挑戦である以上、その進歩を止めることは誰にも出来ないと思います。またこうした倫理的な問題は、国が決めることではなく個人が自分の意志と責任に従って決めることという米国らしい考え方がここにも生きています。

日本では議論すら10年以上先のことかもしれません。優秀な医師が流出していく現状に政府は気付いてもいないでしょう。