Posts Tagged ‘クラウドサーバー’

OpenPNE3をもう少し簡単にインストールしてみる

土曜日, 2月 11th, 2012


http://www.surfweb.net/blog/archives/712

で、OpenPNE3をサブドメインにインストールする方法を記載しましたが、ちょっとやややこしくやってますので、もう少し手順をすっきりとまとめてみました。sns.mydomain.com というサブドメインへのインストールを行ないます。

手順修正版

– 最初にCpanelにログインして、サブドメイン”sns.mydomain.com”を作成します。

cPanelにログインしたら、ドメイン -> サブドメイン をクリックします。

サブドメイン : sns

と入力します。次に文書ルートとして、”public_html/sns/web”と指定します。何も指定しないと”public_html/sns”となってしまい、インストール後正しく表示されません。cPanelは文書ルートを指定できますので、煩わしい.htaccessやシンボリックリンクの設定は不要です。

FTPまたはSSHでサーバーに接続します。

ここで一旦作成された、”public_html/sns/web”をsnsフォルダごと削除します。削除は、FTP/SSHいずれからでも構いません。cPanelからの削除ではありませんので注意してください。削除後はFTP/SSHでpublic_htmlを見ても、snsフォルダは見えませんが、cPanelで設定したsnsの文書ルートはバックエンドで生きています。

– cPanelから、OpenPNE3用のMySQLデータベースを作成します。データベースの作成方法はオンラインマニュアルを参照してください。

– OpenPNEサイトからOpenPNE3をダウンロードします。ファイルはzip形式です。2012.2.11時点で配布されている最新版は、3.6.2です。

http://www.openpne.jp/pne-downloads/

ここから変更

FTPでダウンロードしたzipファイルを/public_html直下にアップロードします。転送モードは自動を指定。

SSHより、

cd public_html/

で、public_htmlディレクトリへ移動

unzip openpne-OpenPNE3-OpenPNE-xxxx.zip

を実行してファイルを解凍します。xxxxはバージョンによって変わります。

/public_html/openpne-OpenPNE3-xxxx

というフォルダが作成されてこの中に、OpenPNE3の中身が入ります。

この、”openpne-OpenPNE3-xxxx”というフォルダ名をそっくりそのまま”sns”に変更します。xxxxはバージョンによって異なります。

mv openpne-OpenPNE3-xxxx sns

※この時snsフォルダが存在すると、、public_html/sns/openpne-OpenPNE3-xxxx というようにフォルダがsnsの下に行ってしまいますので、必ずsnsフォルダは事前に削除しておいてからリネームします。

ディレクトリ構造確認

ls -aFl

public_html/openpne-OpenPNE3-xxxx というフォルダがなくなって、snsフォルダにリネームされその中に全てのフォルダ、ファイルが移動していれば成功です。

後はこの前の記事と同じ手順です。必用な作業の後、インストールコマンドを実行すればインストールされます。

リネームしたらsnsフォルダの下にOpenPNEの解凍後フォルダが行ってしまった場合は、リネーム前にsnsフォルダを削除し忘れている可能性があります。確認してください。

これで、サーフウェブカンパニーのサーバーにOpenPNE3.6.2がインストールされました。
http://sns.surfweb.net/

OpenPNE3.6をサブドメインにインストールする方法

木曜日, 2月 9th, 2012


http://www.surfweb.net/blog/archives/735
こちらに修正少し簡単インストール方法を記載しました。ご参考ください。

当社サーバーのサブドメインで、OpenPNE3.6をインストールする方法を記載いたします。当社サーバーご利用のお客様には無料でインストールさせていただきます。

– OpenPNEのインストールはSSHで行なう仕様となっていますので、ご自分でトライされるお客様はSSHアカウントの有効化を当社までご要請ください。

今回は、sns.mydomain.com というサブドメインにインストールしてみます。

手順

– 最初にCpanelにログインして、サブドメイン”sns.mydomain.com”を作成します。
cPanelにログインしたら、ドメイン -> サブドメイン をクリックします。

サブドメイン : sns
と入力します。次に文書ルートとして、”public_html/sns/web”と指定します。何も指定しないと”public_html/sns”となってしまい、インストール後正しく表示されません。cPanelは文書ルートを指定できますので、煩わしい.htaccessによる設定は不要です。

次に作成された、”public_html/sns/web”へ行き、webフォルダーの中身を空にしておきます。具体的にはここに作成されている、”public_html/sns/web/cgi-bin/”を削除して、”public_html/sns/webの中身を空にします。webフォルダーには後で、OpenPNEのwebフォルダーの中身が入ります。FTP/SSHどちらを使用しても構いません。

– cPanelから、OpenPNE3用のMySQLデータベースを作成します。データベースの作成方法はオンラインマニュアルを参照してください。

– OpenPNEサイトから2012.2.9時点で配布されている最新版、OpenPNE3.6.2をダウンロードします。ファイルは、zip形式です。
http://www.openpne.jp/pne-downloads/

– ダウンロードした、openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.6.2-0-gd0cac07.zipファイルを、public_html/sns フォルダーにアップロードします。転送モードは自動を選択します(FFFTP推奨)

– SSHにサーバーにログインします。

– cd public_html/sns を実行して、snsフォルダーに移動します。

– unzip openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.6.2-0-gd0cac07.zip を実行してファイルを解凍します。
解凍が終わると下記のようにsnsフォルダ下に/openpne-OpenPNE3-d0cac07 フォルダが作成されます。
public_html/sns/openpne-OpenPNE3-d0cac07
*openpne-OpenPNE3-d0cac07の中にプログラム本体が入っています。

– cd openpne-OpenPNE3-d0cac07/
で一つ下に降り、”openpne-OpenPNE3-d0cac07″にある全てのフォルダ、ファイルを一つ上の、/sns/フォルダに移動させます。

mv * */ ../
ここでwebフォルダに/cgi-bin/が残っていますと、OpenPNEのwebフォルダの中身が移動されませんので、必ずpublic_html/sns/webの中身は事前に空にしておいてください。

.gitignoreも移動させます。
mv .gitignore ../

これで、openpne-OpenPNE3-d0cac07フォルダは空になりますので、
rmdir openpne-OpenPNE3-d0cac07/
で削除します。FTPから削除しても構いません。

下記のようなフォルダ構成になっていることを確認します。



– cd config/
で一つ下の/configフォルダに降ります。

copyコマンドで
OpenPNE.yml.sample -> OpenPNE.yml
ProjectConfiguration.class.php.sample -> ProjectConfiguration.class.php
に名前を変更します。

cp OpenPNE.yml.sample OpenPNE.yml
cp ProjectConfiguration.class.php.sample ProjectConfiguration.class.php

mvコマンドで書き換えしますと当社サーバーでは、言語切替プルダウンメニューが出なくなります。

– vi OpenPNE.yml
でファイルを開いて下記のように必要な記載を記入します。

# SNS の URL
# URL of the SNS
base_url: “http://sns.mydomain.com” <- アクセスするURLを記入します。

# SNS からのメール送信に使うドメイン
# Domain to use for sending e-mail from the SNS
mail_domain: “mail.mydomain.com” <- ご自分のメールサーバー名を記入します。

記入が終わったら、:wq で保存します。この作業は、FTPでOpenPNE.ymlをダウンロードし、TeraPadのようなUTF-8(N)(T)をサポートするエディタで記入して、アップロードしても構いません。フォーマットはutf-8です。notepadのようなテキストエディタは使用しないでください。

これでインストールの準備がとといました。

ここまでの確認

1. cPanelで”sns.mydomain.com”というサブドメインが、文書ルート”/public_html/sns/web” を指定して作成されている。webフォルダの中身は空になっている。
2. “/public_html/sns/”の中にOpenPNEの中身が全部入っている。
3. “OpenPNE.yml”の、base_urlとmail_domainが正しく記載されている。

それでは、snsフォルダに移動します。
cd cd ~/public_html/sns

インストールコマンドを実行します。
php5 ./symfony openpne:install

データベースの種類を聞かれますので、
Choose DBMS: mysql
と入力

データベースのUsername – Type database usernameを聞かれますので、作成時に指定したユーザーネームを入力
データベースのPassword – Type database password(optional)を聞かれますので、作成時に指定したパスワードを入力
データベースのHostname – Type database hostnameを聞かれますので、localhost と入力
Type database port number(optional) はそのままリターンしてスキップ
データベースの名前 – Type database nameを聞かれますので、作成時に指定したデータベース名を入力

確認画面が表示されますので間違いが無ければ「y」キーを入力しEnterキーを押下します。
インストールが開始されますので、完了するまでしばし待ちます。
間違いがある場合は「n」キーを入力し、Enterキーを押下するとchooseからやり直しができます。

イントールにはかなり時間がかかりますので、しばらく待ちましょう。また回線が混雑していたりするとエラーが発生することがありますが、その場合には時間を変更して試してみましょう。

installer installation is completed! と表示されれば完了です。

– ログイン画面

http://sns.mydomain.com/
にアクセスするとログイン画面が表示されます。



メールアドレスに「sns@example.com」パスワードに「password」と入力し、ログインボタンを押下しますと、OpenPNEにログインできます。

– 管理画面へのログイン

http://sns.mydomain.com/pc_backend.php
にアクセスすると管理画面が表示されます。



アカウント名に「admin」、パスワードに「password」と入力し、ログインボタンを押下しますとOpenPNEの管理画面にログインできます。

左の管理画面設定をクリックし、中央上のChange Passwordをクリックするとパスワードを変更できます。



以上でインスールは完了です。サーフウェブカンパニーのサーバーに、OpenPNE3がインストールされました。

cPanelサーバーはサブドメインの文書ディレクトリをコントロールパネルから指定できますから、.htaccessでアクセスサイトを指定したり、シンボリックリンクを作成しなくてもOpenPNE3をインストールできます。

地震とサーバー分散の重要性

月曜日, 3月 14th, 2011


今回の日本での大震災には恐怖と驚きを禁じえませんでした。津波の凄さがあれほどまでとは…またコンビナートの火災映像も凄まじいものでした。極めて不謹慎ではありますが、まるで映画のCGのようにさえ感じるほどのニュース映像でした。アメリカではCNNを始めとして三大ネットワークが連日トップで報道しています。

直近のニュースでは原発の水素爆発の報道が続いています。日本での報道がどの程度なのか良く分かりませんが、アメリカではかってスリーマイル島での事故があったことからも、非常に詳細にかつ神経質な報道が続いています。首都東京への汚染は大丈夫なのでしょうか。

当社といたしましては、今回の大震災につきましては一人でも多くの生存者の救出と、一日も早い日常生活への復帰を心よりお祈り申し上げます。

さて、当社のサーバーをご利用のお客様も自宅や会社の電気が止まって一時的に接続できなくなっている方もいらっしゃるかもしれません。災害に遭われた地域のお客様の一刻も早いライフラインの復旧を重ねてお祈り申し上げます。サーバーが設置されているデータセンター自体は日本国内ではなく、極めて地盤の安定したコロラド州デンバーがメインとなっておりますので、今回の日本の地震の影響は一切ございません。

今後日本で万が一長期的な定期停電が続いたり、自家発電のバッテリーが底を尽いたりしますと(自家発電装置は緊急的なもので、長期使用を前提としていません)、日本国内のサーバーですとやがて接続が不安定になったり、接続不能となる可能性もありますが、当社のお客様に関しましてはパソコン側で一時的に停電になっても、お客様のサイトは常にオンライン状態が維持されていますので、サイトを訪問される震災地域以外の方が見られなくなるということは一切ありません。この海外サーバーへの安全性の分散に関しましては以前にも言及いたしておりますので、ご参照ください(http://www.surfweb.net/blog/archives/447)。地震の多い日本国ではとても大切なリスク回避法だと思います。

今回の震災ではアメリカからは微力ではありまますが、空母「ロナルド・レーガン」を派遣して災害復旧のお手伝いをさせていただいています。オバマ大統領は今回の日本援助に対して、同盟国としてあらゆる努力を惜しまない と述べていますので援助の規模は今後も広がっていくと思います。アメリカの行動にぜひ期待してください。

それでは日本の皆様と今後とも経済、文化を含むあらゆる方面で共に発展していけることを心より期待しております。

クラウドサーバー時代の到来

日曜日, 3月 6th, 2011


当社のクラウドサーバーについてまとめてみました。

※クラウドサーバーって何?

最近ようやく日本でも耳にするようになった「クラウドサーバー」。当社ではすでに2009年より従来の信頼性の低い「単体サーバー」から「クラウドサーバー」に全面的に切り替えを行いました。そしてアメリカ発のこのシステムがようやく日本でも始まってきていますが、まだまだ普及には時間がかかりそうです。

※クラウドサーバーと従来のサーバーはどう違う?

クラウドサーバーとは従来のようにお客様のパソコンとサーバーが1対1ではなく、1対複数のネットワークによって構築された米国発の新しいサーバーシステムです。複数のサーバーが仮想化されてネットワーク上に分散設置され、あたかも一つのサーバーのように作動しているため冗長性が極めて高く、サーバーアクセスの負荷分散を行うとともに、トラブルが発生したサーバーから正常なサーバーへの自動的かつシームレスな接続切り替えにより、旧来のレンタルサーバーに比較して格段に安定した接続品質のご提供を可能としています。

またディスクドライブも 従来多用されている安価なSATAと異なり、SAN(Strage Area Network)という高価なネットワークドライブを使用、お客様のコンテンツはネットワーク上の複数のRAID5で構築されたディスクに分散設置されデータを保護しています。クラウドサーバーシステムの構築には多大な初期・運用費用がかかりますが、当社は2009年にいち早くこのシステムを採用し、お客様に低価格でご提供しています。日本では最近ようやく取り組みが始まっていますが、クラウドサーバーのデータセンターは膨大な敷地を必要とするため、国土の狭い日本では建築基準法や消防法の制限で実現には相当時間がかかるとされています。

※日本ではどの程度普及しているの?

1996年に当社が日本向けの独自ドメインサービスの販売を開始した時、日本国内でこのサービスを行っていたのはNTT等の一部の大手企業のみで、価格も一ヶ月3万円程度でした。そのため企業の利用が中心でエンドユーザーはプロバイダーの”http://www.provider.or.jp/~usr/”というアドレスを使用するしかありませんでした。

当社は同年12月、独自ドメインのホスティングに一ヶ月3,500円という従来では考えられなかった価格破壊料金を提示、エンドユーザーも気軽に独自ドメインでホームページやメールアドレスを使用できるよう垣根を圧倒的に低くしました。その結果独自ドメインによるサイト運営は爆発的に普及しました。その後、当社を真似たレンタルサーバー会社が次々と雨後のタケノコのように出てきました。サーバーが安くなるにつれて”価格の安さ”だけを強調する粗悪なサーバー会社も次々と出てきました。しかしそれらは当社も含めて所詮一台のサーバーがお客様のパソコンと繋がっているという信頼性の低いものでしかありませんでした。

2010年頃からNTTを初めとする大手企業がかつての独自ドメイン創業期のように、クラウドサーバーの提唱を開始し始めました。しかしやはりまだ企業向け中心でエンドユーザーに手の届く価格ではありません。またこのクラウドサーバーは国内にはデータセンターが存在しないため、主に米国のデータセンターを借り受けて提供しています。つまり当社と何ら遜色のないクラウドサーバーが大手企業向けということで、一ヶ月数万円の価格で販売が開始されているのです。

※サーフウェブカンパニーのクラウドサーバーを使用するメリット

アメリカ・コロラド州デンバー、ネバダ州ラスベガス、カリフォルニア州サンノゼシリコンバレーに広大なデータセンターを所有する当社ならびに親会社のViawest.incが提供する、最先端のAMD Quad Core をベースとしたクラウドサーバーを、まだ始まったばかりの日本と異なり月額$27.0という低価格でご提供いたします(第二の価格破壊)。クラウド化されたサーバーにおいて、お客様はもはや旧来の単体サーバーのようにウエブ使用量を気にしたり転送量を気にする必用がありません。どれだけ使用してもワンプライス$27/月です。クラウドサーバーシステムが旧来の煩わしいオプション価格をなくし、このシンプルな料金体系を実現しています。

最後に
大切なお客様のウエブサイトやメールをいつまでも古い単体サーバー置くのはそろそろ止めて、新しいクラウドサーバーにグレードアップしてみませんか?きっと第二の発見と次のステップがビジネスに趣味にと見えてくると思います。インターネット先進国のアメリカの技術は数年遅れで必ず日本にも普及しますが、$27程度の価格で提供できる日本の会社の登場まで待ちますか?しかもそのサーバーは実際には当社と同じくアメリカのデータセンターにあるのです。それよりもそろそろ終焉を迎えようとしている格安単体サーバーとは決別して、一足早く最先端テクノロジーの集約であるクラウドサーバーに切り替えてビジネスや趣味のサイトを再構築してみませんか?

クラウドサーバーはロールスロイスや高級ホテルのように普段目で確認することはできません。しかしながら接続した瞬間からそのクオリィティの高さや安定性を実感していただけます。これが見えない所で作動しているインターネットの最先端技術なのです。

.pro ドメインの取得・登録について

金曜日, 1月 21st, 2011


.pro ドメインの取得・登録につきまして再掲いたします。

1.取得料金 年間$19.0 更新1年$19.0

2.取得に際して下記の情報申告が必要 – 自己申告になりますので当社はそれに従って取得いたします。情報内容に偽りがありますと、取得後使用できなくなる場合がありますので正しい情報をお知らせください。

・専門部門に携わっていることを証明する免許の取得年月日 – 医師免許、整備士免許、調理師免許等の取得年月日
・専門分野の名前 – 医師、整備士、調理師等
・免許を発行している省庁、機関、団体名 – 厚生労働省、日本整備士協会、日本調理師協会等
・免許番号 – 発行されている免許の番号
・免許を発行している組織のウエブサイトのURL – ある場合のみ

3.ドメインは4文字以上の半角英数ならびにハイフン

4.下記サードレベルドメインは、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ政府または管理機関が発行する証明書がある場合のみ可能(日本の証明書は不可)。

.LAW.PRO
.AVOCAT.PRO
.JUR.PRO
.CPA.PRO
.AAA.PRO
.ENG.PRO
.BAR.PRO
.RECHT.PRO
.MED.PRO
.ACA.PRO
.ACCT.PRO

例えば弁護士などの法律関係のプロが使用できる、.law.pro の場合、「田中弁護士事務所」= tanaka.law.pro は日本の弁護士免許では取得できません。しかしながら今日時点で、tanaka.pro はまだ取得できますのでこのドメインを取得して、law.tanaka.pro をサブドメインとして使用することは可能です。あるいは、tanaka-law.pro というのも取得できます。

5.当社サーバーをご利用いただけるお客様 – ドメインだけの取得は承っておりません。当社クラウドサーバーをご利用いただくことにより、取得から更新まで全てのサポートをさせていただきます。

.pro ドメインの所有者情報と決済時のクレジットカード情報は一致する必要はありませんので、ウエブサイト制作者様等のクレジットカードでも取得可能です。pro ドメインによるウエブサイト作成のプロモーションをぜひお願いいたします。

まだまだ取得できるワードがたくさんあります。お申込み順になりますので、プロの方ぜひご利用ください。