Archive for 3月, 2010

再生医療の最先端アメリカ

火曜日, 3月 30th, 2010


今回はサーバーとは全く関係のないトピックです。

自分の幹細胞を利用して臓器を再生する技術が米国では進んでいます。幹細胞というのは細胞分裂の初期段階のもので、あらゆる組織になることができる万能細胞です。

この幹細胞を若い元気なうちに採取して保存し、年をとって病気になり臓器移植等が必要になった時に、あらかじめ自分の細胞からスペアの臓器を作成しておき、取り替えるといったまるでPCパーツ交換のようなSF物語ですが、今や複数の病院が真剣にこの再生医療に取り組んでいます。

米国では10年以内には自分の幹細胞で作成した臓器移植が一般化すると考えられています。また難病を抱えた子供のために同じ免疫構造を持つ子供を人工授精で作ってDNAのパターンを一致させ、骨髄移植等で血液の病気を治療した例もあります。こうした子供は救世主兄弟と言われています。免疫構造が完全に一致するため、将来兄弟の1人から臓器移植を迫られる可能性はありますが、個人が自己責任で幸せの価値観も定義できる米国での世論は肯定的です。

一部に神への冒涜だという意見もありますが、自分の家族にそうした災難が降りかかった時にも、本当にそう言いきってただ死を見つめることができるかどうか、その人には問いたいと思います。

元々医療行為自体が自然に反した神への挑戦である以上、その進歩を止めることは誰にも出来ないと思います。またこうした倫理的な問題は、国が決めることではなく個人が自分の意志と責任に従って決めることという米国らしい考え方がここにも生きています。

日本では議論すら10年以上先のことかもしれません。優秀な医師が流出していく現状に政府は気付いてもいないでしょう。

2.9.2への自動アップグレードの問題

日曜日, 3月 28th, 2010


現在、2.9.1を使用しているため、ログインするたびに「2.9.2が使用できます。アップグレードしてください」という表示が出ていました。別に2.9.1でも不便はないので非表示にしようと思いましたが、一応自動アップグレードをしたところ、zipファイルをダウンロードしています..の表示が出たまま、いつまでたっても終わりません。

何か変だと思いフォーラムを見たところ、きちんと解決策が記載されていましたので、同様の問題で困っている方の参照になるようにリンクいたします。

http://ja.forums.wordpress.org/topic/2469?replies=9

wp-settings.phpの13行目’WP_MEMORY_LIMIT’, ’32M’を64Mに書き換えたところ、少し時間がかかりましたが問題なく2.9.2にアップデートできました。ファイル名を書き換える時には、必ず最初にサーバーのファイル名を、wp-settings.php -> wp-settings.php.bakに変更する事を忘れないでください。これによりうまくいかない時にも元に戻すことができます。

とりあえず最新バージョンになったので、気持ちいい?です(´ー`).

.proドメインを$14.9の格安価格で取得・登録しよう!!

土曜日, 3月 27th, 2010


取得に関して審査が行なわれ、ドメイン名が職業上のプロフェッショナルであることを明示する、.proドメイン。スタイリッシュなイメージと合わせて、日本でも少しずつ認知されてきました。この、.proドメインをさらに普及させるべく、当社では、2010.6.30までの期間限定で初年度登録価格$14.9、2年目以降の年間更新料金$19.9という特別格安価格でご提供させていただきます。

お申し込みをされるお客様は下記の条件を満たしている必要がございます。

1.当社サーバーでドメインを使用されること※月額$27のサーバー使用料金が必要となります。詳しくはこちらをご参照ください

2.職業上のプロであることを証明する以下の情報を開示できること

※専門部門に携わっていることを証明する免許の取得年月日 – 医師免許、整備士免許、調理師免許等の取得年月日

※専門分野の名前 – 医師、整備士、調理師等

※免許を発行している省庁、機関、団体名 – 厚生労働省、日本整備士協会、日本調理師協会等

※免許番号 – 発行されている免許の番号

※免許を発行している組織のウエブサイトのURL – ある場合のみ

上記の情報をお申込み時にご提出いただき、当社で.proドメインを管理している、Registry pro に申請いたします。提出書類に不備がなければ通常3日-7日程度で取得が完了しサイト作成、メール使用ができるようになります。

キャンペーンを利用してぜひお得な価格で、.proドメインによるサイトをスタートしてみませんか。

.proドメインのお客様 – kanagawa-law.pro

木曜日, 3月 18th, 2010


本日は、.proドメインを日本で先駆けてご使用されているお客様の1人をご紹介させていただきます。

http://kanagawa-law.pro/

一瞬、神奈川県弁護士会のホームページと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、同県内には弁護士会は横浜弁護士会1つしかありません(http://www.yokoben.or.jp/)。

http://kanagawa-law.pro/
東京・銀座で民事、刑事訴訟、労働問題、企業法務他をご担当されている『金川征司法律事務所』様のウエブサイトアドレスです。横浜弁護士会の、or.jp と比較しますと一瞬でこのサイトが法律の専門家のサイトであることが分かります。proという表記を見れば、プロと言う日本語が浮かびますよね。

米国や欧州でのこの、.proドメインは、プロフェッショナル=専門家を保証するドメイン名として、非常に高く評価されています。当社は米国企業としてこの、.proドメインを初年度$19、翌年以降$29という低価格で日本に普及させたいと考えています。

そのうちに大手ドメイン会社が参画してくることも考えられますが、価格面や証明書の提示等の処理が面倒な日本では、中々大手代理店は参入し辛いのが現状ではないかと思われます。

その点、米国は自己責任、個人主義の徹底した国ですから、日本のように何か新しいことをする時に、何年も様子を見て手順を踏んで、大手だけにチャンスを与えるというようなことをせず、誰にでも同様のチャンスを与え、良いものには企業や投資家が積極的に資金提供し新しい商品や技術を育てていくという風土があります。いわゆるアメリカンスピリッツというものです。日本で言う武士道に当たります。

参入の敷居は低いのですがもちろん失敗も多く、アイデア倒れになる商品や企画も山とあります。しかしながらこれもまた米国独自のスピリッツなのですが、失敗者を社会の敗者とせずに、何度でも機会を与える社会です。また会社内での失敗や不正を報告した場合、日本企業ですとその原因や責任追及が中心となりますが、米国ではなぜ失敗したのかという原因を徹底的に追求し、これを今後の成功に役立てるということに重きが置かれ、GMなどの極端なケースや刑事事件を除いて、失敗した個人や組織を追及するようなことはあまりしません…トヨタの問題はちょっと性質が異なります..

戦後日本は米国より多くの文化的な影響を受けてきましたが、合衆国の自由と個人主義、自己責任の精神はやはり日本より高く、日本の武士道と同じく国を象徴するスピリッツとなっているようです。

夏時間の開始

日曜日, 3月 14th, 2010


本日3月14日よりアメリカは夏時間(daylight saving time)となり、時間が1時間進みます。といっても実際に時間が進むわけはないので、時間をずらすと言った方が良いかもしれません。正確には「夏の間は標準時経線を15度東にずらす」ということになります。サマータイムという人が多いですが、これはイギリス英語でアメリカでは、Daylight Saving Time – ディライト セ-ビング タイム と言います。

この夏時間は2007年より3月第2日曜日から11月第1日曜日までのおよそ8ヶ月間になりました(以前は4月第1日曜日から10月最終日曜日まででした)。制度の趣旨は名前のとおり「日中の明るい時間をできるだけ多く生活時間に組み入れて、有効に利用する」 という目的によるものです。

敗戦後の米軍占領下の日本でもかつて導入されていたようですが、サンフランシスコ講和条約で独立した後は廃止されました。最近になってまた議論されているようですが、日本に馴染むかどうか分かりません。

とりあえず1時間早くなるので、今までは朝7時に起きていたのが実質6時が7時になり、体が慣れるまでに1週間くらいかかります。でも朝、昼、夕方、夜のバランスは夏時間を実施した方が自然だと感じます。

みなさんはどう思いますか(´ー`).