Archive for the ‘カスタマイズ’ Category

ワードプレスのプラグインがメモリーを占有した場合の対処法/備忘録

金曜日, 12月 14th, 2012


ワードプレスには多くのプラグインがありますが、中にはサーバーのメモリーを占有してどんどん重くなっていくものがあるようです。今回専用サーバーでこのような事態が発生しましたので、対処方法を備忘録として記載しておきます。

1. プラグインは放置せずにアップデートする。
2. ワードプレスのバージョンに適合していないプラグインを使用しない。意外と使用できたりするのですよ、これが。
3. アドミン側の作業としては、メモリーの占有率が高くなってアクセス速度に問題が出たり再起動が頻繁に起きるようになったら、下記の対策。

キャシュを開放するコマンドの実行

ルートより、sync; echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches を実行してキャシュをクリアする。

free -m
でメモリー状態を確認。通常はこれで、free memoryが増えるはずです。

毎回手動でやるのが面倒な場合は、クローンジョブにします。

シェルより
crontab -e
で下記のエントリーを追加します。0**** の部分は実行したいタイミングによって変更します。
0 * * * * /root/clearcache.sh

/root に、clearcache.sh というファイルを作成して下記のように記述します。

#!/bin/sh
sync; echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches

実行権を付与します。
chmod u+x clearcache.sh

これで毎分キャシュがクリアされますので、メモリーを占有して開放しないプラグインからサーバーのレスポンスを守ることができます。ただし1分ごとに実行するとプラグインが機能しなくなる可能性もありますので、時間は様子を見ながら調整すると良いと思います。

Plesk 9.2.1でphpを5.2.17にアップデート

水曜日, 11月 28th, 2012


専用サーバーの1つで2013年6月に正式サポートが終了するPlesk9で稼動しているサーバーがありますが、ハードウェアファイアーウォールを接続しているということで当分使用することになりました。セキュリィティ的には安定しているのですが、php5.1.6だったためそろそろワードプレスのプラグインが5.2以上でないと対応しない状態になってきて、今回アップデートしました。

普通にアップデートしますとPlesk9.2.1が作動しなくなりますので、いくつかの作業が必用になります。先入観でものすごく難しいはずだと思っていたのですがネット上に先駆者がいまして、それでも不安なので技術に頼んだら1人は無理だぜ..この際Plesk11にしてデータ移行しようよっ..て勝手なこと言って、さてどうしたものかと困っていたらもう一人の技術がなぜか詳しくて、できるよ..だめだったら5.1.6に戻せばいいからやってみると許可も取らずにさっさとアップデート。

だけどうんぬんと話していたら、終わったけどどう?...@@….

相談してから5分もたってないのに、さっさとアップデート。しかもPlesk9.2.1も動いていて、ワードプレスも特に問題なさそう。

技術もそれぞれ得意分野があるみたいで、最初から無理って決め付けてはいけないと反省しました。でもお客さんのサーバーだとどうしても慎重になってしまうんですよね。

ここに関連トピックスがあります。やりかたは私に質問されても分かりませんので、あしからずです。

ほとんど休眠状態のこのブログですが、会社はちゃんと生きていますのでクラウドサーバーならびに専用サーバーのお問い合わせお待ち申し上げております。

12月にラスペガスに新データセンターをオープンします。地震などのリスク分散のためにも海外サーバーにミラーサイトを持ちましょう。

Plug-in でサイトを充実

水曜日, 4月 22nd, 2009


お客様のサイトですが新たにプラグインとして、my-link-order、my-page-order、category-order、all-in-one-seo-pack を適用しました。いずれも使用していて不便を感じクグルとすぐに見つかりました。

WordPress には市販のアプリのように体系的な分かり易いマニュアルはありませんが、その都度クグれば大抵の問題は解決します。

ブログとしての使用方法が一般的ですが、通常の物販サイトのようなホームページにも十分使用できます。Xoops Cube やOSC, ZenC をまだ徹底的に検証していないいので、どの程度違うのかは良く分かりませんが、少なくとも小~中規模の物販サイトには十分使用できると思います。

あと気になるのが画像をクリックすると、バックが暗くなり画像がフェードインしてくるサイトがありますが、多分これも何かのプラグインだと思います。

ところでメールを送る通信プロトコルである、smtp がまだ開発途上にあるということをこの前初めて知りました。Send ではなく、Simple Mail Transfer Protocol の略です。普段なにげなく便利に使用している様々なインターネットソリュージョンはこうした縁の下の開発者のおかげだと改めて感謝せずにはいられません。RFCの精神はしっかりと機能しています。

ランキングに参加してます。よろしくお願いいたします。

使えるContact Form 7

土曜日, 4月 18th, 2009


かっては、php で四苦八苦して作成していたメールフォーム。ショップサイトではメールがきちんと送られたことを伝えるために、お客様にも自動返信する必要がありました。

Contact Form 7 はこうした複雑な作業をコントロールサイトからいとも簡単にやってのけてしまう優れものプラグインです。某お客様の要望もあって、カスタマイズしていたのですがあまりの簡単さにあっけにとられてしまいました。

Contact Form 7の優れたところは、画面にタグを貼るだけで即フォームメールが作成できること、メール (2) を送信者への自動返信メールとして使用できるということです。

宛先: を、<[your-email]>
差出人: を自分のメールアドレス と1とは逆に設定し、メッセージ本文: には、

[your-name] 様

このメールはシステムから自動返信メールです。このメールに対して
返信することはできません。

以下はお客様から送信されたメールの控えになります。

—————————————————-

[your-message]
—————————————————-

折り返しご連絡させていただきますので、しばらくお待ちください。
よろしくお願いいたします。

と記載すれば、サーバーの自動返信システムを使用しなくても、メール受信と同時に送信元に確認のための返信メールを送ることができます。スパム対策もされているのでかなり使える機能です。

また自分でフォームを作成して、メール3、メール4 と登録することもできます。投稿画面にタグを貼るだけでメールフォームのでき上がりです。

WordPressには多くの、Plug-in がありますが、CMS会社がカスタマイズして商売に利用したがる理由が少しずつ分かってきました。出来すぎです。

まだほんの一部の機能しか試していませんが、WordPress は相当にすぐれたアプリとして続いていく予感がします。

開発者に心より感謝いたします。

ランキングに参加してます。よろしくお願いいたします。

2.7の自動アップデート

日曜日, 3月 15th, 2009


WORD PRESS 2.7 の自動アップグレードサーバーが使えるサイトに掲載されました。

http://ja.forums.wordpress.org/topic/914/page/2
http://wpdocs.sourceforge.jp/Core_Update_Host_Compatibility#A_-_Z

テーマにもよりますが、Ver.2.7 対応であれば新バージョンが出ると、Windows のアップデートのように自動的にアップデートの通知がトップサイトに表示されますので、リンクをクリックしてFTPサーバーに接続すれば、アップデートは簡単に終了します。とても便利な機能なので引続きブログツールとして、WORD PRESS をお勧めします。

今日は日曜日ですがサーフィンしてたら、テンプレートモンスター並みの無料テーマ集を見つけましたので紹介します。

http://wordpress.pro/100-wordpress-themes/

54ものカテゴリーで分類されていますので、きっとお気に入りを見つけられると思います。ちょっとした php の知識があれば簡単にカスタマイズできますので、まずはチャレンジされてみてはいかかでしょうか。検索エンジン対策にも有効だと思います。

ちなみに上記URLで使用されている .pro というドメインは、professional を意味する2009年にスタートした、ICANN管理の新しいドメインです。2009.3.15  現在、日本最大手?の「お名前.com」でもまだ取得できませんが、当社は取得可能です。しかも月額$29.99。これについては次回に詳細を記載します。

WORD PRESS やってみるかというお客様は、当社までご連絡ください。インストール、初期テーマ設定まで無料でさせていただきます。

E-Commerce と WORD PRESS にはしばらく力を入れて取り組んで行きたいと思います。

記事が参考になったらクリックオネガイします。