Archive for the ‘アドミン語録’ Category

PleskのQueued Mailを一掃する方法 – 備忘録

金曜日, 6月 28th, 2013


WHMと異なり、Pleskにはスマートなメール送信制限機能がない。それゆえにワードプレスなどの脆弱性からスパムの踏み台にされることがある。最新版にアップデートすれば良いのだが、数が増えてくるとそれも結構大変な作業になる。

その場合、何万と溜まった送信待ちメールを一括で削除する方法を備忘録として書いておく。

任意のディレクトリに、qmhandle-1.3.2 をインストールする。/root/でも良い。方法はクグれば出るので省略。

/var/qmail/bin/qmail-qstat で現在送信待ちのメール数を確認する。

/etc/init.d/qmail stop
で最初に、qmailを止める

./qmHandle -D
を実行

/etc/init.d/qmail start
で、qmialを再スタート

これで溜まっていた送信待ちメールは綺麗になくなる。この作業をcronjobにすれば、自動的に実行することも可能だ。

Plesk Panelから何万もの送信待ちスパムメールを削除するのは大変なので、極力コマンドで行うと良い。

こう比較するとやはり、WHMは高機能だと思わざるを得ない。

WHMから送信できるメール数を制限設定する – 備忘録

水曜日, 6月 12th, 2013


クライアントのPCがマルウェアなどに感染すると、勝手に自分のPCから大量のスパムメールを送信されてしまう。その場合監視しているブラックリスト登録会社がサーバーIPを登録したり、受取人が申告を行うとそのサーバーからブラックリストファイルを採用しているサーバーにはメールが届かなくなる。リターンメールに、Rejected Spamcop うんぬんと表記されていれば、送信先のメールサーバーが、Spamcopというフィルターを採用してスパムメールブロックを行っており、送信元のサーバーIPがこのSpamcopに登録されたということを意味する。

下にも記載したが通常は48時間程度で解除されるが、IPがスパムメールを送り続けている場合にはそれを止めないとまた登録されてしまう。

以下はブラックリストに登録された場合の該当アカウント発見とその対策

・WHMにログインして、Home >> Email >> 送信されるサマリーを表示

より、レポートを実行する。

アカウントごとに、送信成功数、遅延数、失敗数が表示される。ここの、Failed + Deferredの数が極端に多い場合には、スパム送信を疑う。

・対策 – 該当するアカウントを見つけたらこのアカウントが1時間当たりに送信可能な数を制限する。

Home » Account Functions » Modify an Account より、アカウントを選択、「中継ドメインで最大毎時メール」 という項目に例えば、100と入れる。そして「Maximum percentage of failed or deferred messages a domain may send per hour」という項目に、50と入れる。

これにより該当アカウントは1時間当たり最大100通のメールしか送信できなくなる。同時に1時間当たり50通以上のリターンメールを受信すると次の時間までドメインはメール送信ができなくなる。

この設定により該当ドメインがマルウエアなどに感染してスパムメールを送っていた場合でも、1時間に100通しか送れないのでスパマーはその送信サーバーの使用を止めることになる。またスパマーは無差別にメールを送信するので、リターンメールも当然多くなる。1時間当たり50通もリターンメールを受けるアカウントはスパム送信を疑うことができるので、2項目目の50%という数値設定でメールサーバーのスパム使用を防止できる。

なおその他にもサーバー単位で全ドメインの1時間当たりのメール送信数を制限したり、パッケージごとに設定することもできる。

WHM参照ドキュメント
http://etwiki.cpanel.net/twiki/bin/view/11_36/WHMDocs/MailLimitingFeatures

サーバーIPがブラックリストに登録された場合の対処方法 – 備忘録

木曜日, 5月 23rd, 2013


ある日特定のメールアドレスにメールを送信した時に、エラーメッセージが返ってきて送信できなくなった場合には、自分のサーバーIPがブラックリストに登録され、先方のサーバーがそのリストを持つフィルタリングソフトウエアを使用して受信を拒否していると考えられる。

メールフィルターリングソフト/有名なもの
Spamcop
Barracuda
Spamhaus
Backscatterer
などの有名なもの以外にも各国に100以上ある。

対策
http://mxtoolbox.com/
より、サーバーIPまたはドメイン名を入れてMx Lookupの後、Blacklist Check をクリック。登録されている場合は、ブラックリストファイルが表示される。TTLは解除までの時間なので通常48時間程度我慢すれば解除される。

どうしても解除を急ぎたいときは、
Click here for some suggestions をクリックして、フォームに必用事項を記載して送信すれば、複雑な問題でない限り無料で対応してもらえる。これはサーバー会社の作業なのでレンタルしている場合には自分で行わずにサーバー会社に要請する。

サーバーIPがブラックリストに登録される理由はいろいろあり、各社定義は定まっていない。一般的には、
1. 該当IPから大量のスパムメールが送信されている。
2. 該当IPからウイルスやマルウエア添付メールが送られている。
3. PCがウイルスや遠隔操作のボットネットに感染している。
4. 有名なスパマーが使用していた動的なIPをたまたま割り当てられた。
5. フリーのセキュリィティのかかっていないスパム送信を許可しているワイヤレスネットワークに接続している。

など。他にも理由はあるようだ。

いずれにしても放置しておけは2,3日で解除されるようだが、上記の大手ブラックリスト会社だと採用している企業も多く、自動解除を待てない場合には上記の方法を取るかメールが届かない先方企業のシステム管理者に連絡をして該当IPを手動でブラックリストから削除して、ホワイトリストに登録してもらうと良いだろう。

ホワイトリストはブラックリストより優先して読み込まれるため、ブラックリスト会社が掲載をしても影響しなくなる。

夏時間の開始

日曜日, 3月 14th, 2010


本日3月14日よりアメリカは夏時間(daylight saving time)となり、時間が1時間進みます。といっても実際に時間が進むわけはないので、時間をずらすと言った方が良いかもしれません。正確には「夏の間は標準時経線を15度東にずらす」ということになります。サマータイムという人が多いですが、これはイギリス英語でアメリカでは、Daylight Saving Time – ディライト セ-ビング タイム と言います。

この夏時間は2007年より3月第2日曜日から11月第1日曜日までのおよそ8ヶ月間になりました(以前は4月第1日曜日から10月最終日曜日まででした)。制度の趣旨は名前のとおり「日中の明るい時間をできるだけ多く生活時間に組み入れて、有効に利用する」 という目的によるものです。

敗戦後の米軍占領下の日本でもかつて導入されていたようですが、サンフランシスコ講和条約で独立した後は廃止されました。最近になってまた議論されているようですが、日本に馴染むかどうか分かりません。

とりあえず1時間早くなるので、今までは朝7時に起きていたのが実質6時が7時になり、体が慣れるまでに1週間くらいかかります。でも朝、昼、夕方、夜のバランスは夏時間を実施した方が自然だと感じます。

みなさんはどう思いますか(´ー`).




Windows7 日本語版

金曜日, 10月 23rd, 2009


出ましたね。当方は未だに2000とXP併用してますが、早速友人が手に入れたので見せてもらいました。PCの性能にもよるとは思うのですが、ファイルやIEの開く速度が随分速くなっています。2バイト使用する日本語でこれだけの速さを実現したのは評価できます。VISTAの教訓が生かされていると感じました。またネーミングも良くヒットの予想を感じさせます。

問題はXPからのアップグレードがクリーンインストールのみでデータを保持できないこと。今からVISTA -> 7 と行くわけにもいかないのでデータ移行が面倒です。

まぁいろいろソフトもありますし、2000のサポート切れが10年7月14日、XPはまだまだなので、ゆっくり移行していこうと思っています。

3.1 -> 95 -> 98 -> 98SE -> 2000 -> XP と幸い外れのMEとVISTAには関わらなくてすみました。でも2000って良くできたOSなんです。MSが定期的にOSを変えていくおかげで数年に一度クライアントは振り回されます。Unixとの大きな違いですね。でも今回の7は、95以来のなんかドキドキ感があります。MSとしてはとにかくXPユーザーを早く7に切替えてもらってOSの独占的地位を維持したいのでしょう。とすれば優待版とかいろいろなお値打ちパッケージの登場が予想されます。

DSP版もいいけれど製品版の2000のMSのサポートはほんとに早かったです。できれば製品版で行きたいところ、2000の製品版特別パッケージのようなものが出ることを期待してもう少し我慢してみます。